テニスサークルで使える万能試合メニュー3選(シングルス)

テニス

皆さんこんばんは。Setuです。サークルで集まった時に、

  • ポイントしたいけど人数が多い、、
  • 長い試合するほどの時間もない、、

なんて経験あると思います。今回はそんな時にサークルなどで使える万能試合メニューのシングルス編を3つ紹介します。

  • 球出しスタート チャンスボールからの1ポイントマッチ
  • 球出しスタート オープンコートを作る展開からの1ポイントマッチ
  • サーブスタート ワイドオープン展開の1ポイントマッチ

この3メニューを図付きで紹介していきます。

シングルス おすすめ試合メニュー3選

球出しスタート チャンスボールからの1ポイントマッチ

これは最も人の多い場合でも有効なメニューとなります。一人球出し役の方が青い方にチャンスボールを出します。そのボールを打ち込んでからスタートです。勝ったら緑の列、負けたら青の列の一番後ろに移動します。いきなりチャンスボールなので多くの場合短いポイントになり、実力差があった場合でも割とチャンスボールを打つ側が勝てるため、実力差があるメンバーで練習する場合にも有効です。

球出しスタート オープンコートを作る展開からの1ポイントマッチ

これは先ほどのチャンスボール展開より少し難易度が高いメニューとなります。青の方がクロス⇒ストレートと緑の方を動かす展開を作ります。否が応でも長い距離を走らされてからのポイントスタートになりますので、先ほどと同様に振り回す側が勝つことが多くなります。しかし最初のクロス⇒ストレートがうまく成立しないレベルの方にはお勧めしません、、m(__)m

サーブスタート ワイドオープン展開の1ポイントマッチ

こちらは球出しする方がいない場合のメニューになります。サーブを打つことになるため、上記二つのメニューに比べると人の回転は遅くなりますが、より実践的なメニューになるためシングルスの試合を行う前の練習としても有効です。プロ選手やジュニアで活躍されている多くの選手がこのワイドサーブ⇒オープンコートの展開を使用しています。サービスゲームで優位を取るためにはなくてはならない展開なので、ぜひ練習してみてください。

おわりに

いかがだったでしょうか。今回はテニスサークルで使える万能試合メニューのシングルス編をお届けしました。今後ダブルス編や、効率的な練習方法について紹介しますので是非見てください。では。Setu。

スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました