[インプレ]ライトモデルでも打ち負けない!新作EZONE98L

インプレッション

みなさまこんばんは。setuです。

今回はツアーモデルよりもライトモデルで、女性や初心者の方にも使いやすい、EZONE98Lに関するインプレッション記事です!

それだけでなく最近もう少しラケットを軽くしたいなあなんて考えるシニアプレーヤーの方にもおすすめです。

 

ライトモデルってやっぱり強いボール打てないんじゃないの?

 

最近の技術革新は素晴らしく、軽いラケットでも十分打ち負けませんよ♪

 

 

 

YONEX EZONE2020 98L インプレッション

EZONEというモデルの紹介

はじめに、EZONEというモデルに関する記事です。

yonex社では現在、

  • VCORE
  • VCOREpro
  • EZONE

という3モデルをツアーモデルとして販売しております。

EZONEを使用している選手は、主にキリオス選手や、大坂なおみ選手などが挙げられます。

EZONEというモデルは他2モデルに比べて反発性が高く、ボールを弾く感覚を強く持てる商品となっております。なのでラケットでボールを掴みたい方よりも、ラケットで弾いてボールを飛ばしたい方に向いております。反発力を活かしてより良いボールを打ちたい方におすすめてます!

EZONE98Lの紹介

 

今回はEZONEというモデルの中の、試合にたくさん出場されている上級者からライトモデルを使用したい初中級者、女性の方まで広い範囲で使える98Lに関するインプレッション記事です。

はじめにEZONE98Lのスペックを紹介します。

スペック

 

  • フェイスサイズ 98sq.inch
  • 重さ 285g
  • 長さ 27inch
  • バランス 330mm
  • ストリングパターン 16×19
  • カラー ブルー

使用ストリング:YONEX ポリツアープロ125をメイン48/クロス46で張り上げました。

 

特徴

ISOMETRICによりデカラケよりもスウィートスポットが広い印象

YONEXのラケットは昔から「四角い」形状ですが、これはYONEX独自のテクノロジーで円形ラケットよりも7%スウィートスポットが広がっております。

これにより、真ん中で毎回当てることがむずかしい初級者の方でもしっかりとボールを飛ばせる可能性が広がり、テニスを楽しみやすくなります。

285gとは思えない持った際の重量感

初めて私がこのラケットを持った感想としては、「これほんとに285g?」でした。(笑)結構重量感あります。

285gという軽量モデルなので操作性は◎です。それに加えて、手元に重量を感じるためしっかりとしたスイング速度を実現でき、相手の強力なボールにも打ち負けないような印象を受けました。

280gまではライトモデルだけど、285gをライトモデルといっていいのかわかってないSetuです。w

インプレ(打球感)ポリだとやや硬めに感じるかも

また、前作のEZONEというよりも、二世代前のDRというモデルに打球感が近く、前作の課題であった打球感の硬さは大方解消されていると感じました。

しかし、この98Lは今作のEZONE2020シリーズの中ですと少し打球感の固さが残っている部類に入ります。100や100SLは今作かなり打球感がマイルドに、柔らかくなっているので、硬い打球感をお好みの方は98または98Lを使用されると良いかもしれません。

今回は縦横ポリツアープロを張っていますが、もしかすると横糸をマルチなどにして食いつきを良くしてあげることでより打ちやすくなるかなと感じました。

98Lの打球感のシャープさは前作を継承している印象だよ

インプレ(スイング感):操作性◎、スイング時ラケットヘッドを感じる

軽量モデルならではの操作性の良さは健在です。

EZONEシリーズのライトモデルである100SL(270g)などは軽すぎるけど、98(305g)とかは重すぎるよって方にお勧めです。

特にバランスポイントが330mmとトップヘビーとなっております。ライトモデルはトップヘビーモデルが多いですが、285gは、ライトモデルと黄金スペック(100sq.inch/300g)の中間ですので、かなりスピン系のショットのスイング時には重量を感じることが出来ます。

逆にボレーやスライス系ショットの際はラケットヘッドを立てているからかあまり重量を感じなかったので、

  • 重さを感じたいストロークでは重量感アリ
  • 操作性命のボレーではライトモデルらしく操作性◎

という良いとこどりしちゃったラケットになるのかな、と思いました。

良いとこどり、、良い言葉だね、、

インプレ(反発性):EZONEシリーズの中では抑え目

ラケットヘッドが重くスイングスピードが上がりやすい分、反発性は抑え目に設計されているのかなと感じました。

EZONE98シリーズはどちらも反発性は抑え目に設計されております。尚、「EZONEの中では反発性抑え目」ですので、他モデルと比べると反発性はやや高いという印象です。

反発性が抑えられているからこそ、アウトを恐れず自信をもってスイングがしやすいと思います。
なお、98Lはラケットが「しなる」感覚はあまりなく、どちらかというと「面ごとボールに当てに行く」ような感覚になります。

個人的にはもう少ししなってほしかった、、

インプレ(回転性能):ライトモデル界最強か スピン系◎

EZONEシリーズ独特の弾きの良さ+トップヘビーでスイング速度が出やすい ということで、回転が多くかかることに期待していました。

期待通り、思ったような回転をかけることができました。特に、スライス系よりもスピン系ショットでの回転性能が高いように感じました。

しかし、ボールを掴んで自分で持ち上げて回転をかけるという感覚ではなく、弾いてこすりながらボール押して打つような打感になります。

しかし、ライトモデルの中では最強と言っていいくらい回転性能は高かったです。

ライトモデルでストローク打ちやすいのはありがたい!

似ている機種

  • TOALSON S-MACH TOUR100XF 280
[インプレ]ライトモデルもしっかりとした球の伸びを実現! TOALSON S-MACH TOUR XF 280
TOALSON S-MACH TOUR XFシリーズの反発性と打球感の柔らかさを持ったライトモデルが登場。初めてラケットを購入されるような初級者の方からダブルスプレーヤーの上級者の方まで幅広く推薦できる一本です。
  • BABOLAT PURE DRIVE LITE
  • HEAD INSTINCT LITE

おススメする方

  • 初中級者から上級者まで
  • スイング感と操作性を両立したい方
  • シャープな打球感が好みの方
  • EZONE独特の弾きの良さが好きな方

価格

  • メーカー希望小売価格 ¥33000(税別)
  • 現在ネット最安値 ¥21240(2020/02/29現在)

最安値の販売店舗さんへはこちらからどうぞ↓

おわりに

いかがだったでしょうか。今回はYONEXのEZONE 2020 98Lに関する記事でした。重量感を感じたいときと、操作性を求める瞬間、どちらも両立しちゃう欲張りラケットな新作EZONE2020 98L、みなさま是非試打されてみてはいかがでしょうか。

私が所属しているテニススクールでは今作EZONEの売れ行きはとっっても好調です。

 

EZONE2020における他シリーズに関する記事もございますので、是非ご覧ください。

EZONE100に関する記事はこちら↓

[インプレ]黄金スペック!新作EZONE100
EZONEの黄金スペック、100が遂に登場。前作の懸念材料であった打球感の固さを払しょくし、柔らかな打感と適度なパワーアシストを駆使してあなたのテニスをきっと大幅に快適にしてくれる一本です。是非一度試打してみてください。

EZONE100SLに関する記事はこちら↓

[インプレ]初めての一本に最適! YONEX EZONE2020 100 SL
皆様こんにちは。Setuです。 今回は初めてラケットを購入する!という方向けに「YONEX EZONE2020 100SL」に関するインプレ記事です。 初めてラケットを買うんだけど、どれを購入すればいいかわからないよ、、...

 

今後もヨネックス、ヘッド、ウィルソン、トアルソン、プリンスのラケットに関するインプレッション記事も出していくつもりです。そちらも是非ご覧ください。

では、setu。

スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました