[インプレ]黄金スペック!新作EZONE100

インプレッション

皆様こんばんは。Setuです。

今回は黄金スペックといわれるスペックを持ち、試合にたくさん出場される方にも多く使用者がいるEZONE100のインプレッション記事です。


硬式テニスのラケットといえば、

  • 重さ
  • ラケット面の大きさ
  • バランスポイント

の3つが大きな違いになります。これは数字的なものですので、調べたらすぐ出てくると思います。しかし打感やスイング感など、実際に打たないとわかりづらいポイントも存在しますので、そちらも重点的に書いていこうと思います。

実際に打った感覚を紹介していくよ♪

ってか、黄金スペックって何??

参考:黄金スペックって?

  • フェイスサイズ 100sq.inch
  • 重さ 300g
  • 長さ 27inch

のスペックを持つ中厚ラケットのことを言います。

YONEX EZONE2020 100 インプレッション

EZONEというモデルの紹介

はじめに、EZONEというモデルに関する記事です。

yonex社では現在、VCORE.VCOREpro.EZONEという3モデルをツアーモデルとして販売しております。

EZONEを使用している選手は、主にキリオス選手や、大坂なおみ選手などが挙げられます。

EZONEというモデルは他2モデルに比べて反発性が高く、ボールを弾く感覚を強く持てる商品となっております。なのでラケットでボールを掴みたい方よりも、ラケットで弾いてボールを飛ばしたい方に向いております。反発力を活かしてより良いボールを打ちたい方におすすめです!

スペック

  • フェイスサイズ 100sq.inch
  • 重さ 300g
  • 長さ 27inch
  • バランス 320mm
  • ストリングパターン 16×19

使用ストリング:YONEX REXISをメインクロス48ポンドで張り上げました。

 

特徴

ISOMETRICによりデカラケよりもスウィートスポットが広い印象

YONEXのラケットは昔から「四角い」形状ですが、これはYONEX独自のテクノロジーで円形ラケットよりも7%スウィートスポットが広がっております。 これにより、真ん中で毎回当てることがむずかしい初級者の方でもしっかりとボールを飛ばせる可能性が広がり、テニスを楽しみやすくなります。

黄金スペックといわれるだけあって他社にも多くの同スペックがある

黄金スペックというモデルは「最も使用者が多い」ラケットですので、他のラケットメーカー様も多くのモデルを生産しております。

その中でEZONE100ユーザーが前作、前々作から一定数いることを考えると、ある程度の性能の保証はできているのかなーっと考えることが出来ます。

YONEXだけでも黄金スペックが3機種あるんだって、、驚きだ、、

振動吸収力が高い

ボールを打った時の手元に来る振動が少なく、オフセンターショットの際でも嫌な振動があまり来ません。今作のEZONEでは振動吸収材が一新されており、その恩恵を最も受けているラケットがEZONE100シリーズであると思います。逆に他の98シリーズや105のモデルに関しては振動吸収についてはいまいちわかりませんでした。

以前肩や肘を怪我してしまった経験のある方は、よりボールをヒットした際に振動の少ないラケットを使用すべきだと考えております。そんな方には本ラケットはもってこいですね!!

インプレ(打球感):EZONEDR100に近く、柔らかめ

前作のEZONEシリーズは全体の傾向として打球感が硬い印象がありました。特に女性の方には使いにくいものになっていたと思います。 しかし流石YONEXですね、顧客の不満ポイントを新作ではしっかりと改善し、より良いラケットを製作してきました。 特に100に関しましては、前々作であるEZONE DR100に近い打球感を実現し、柔らかくホールドする感覚が戻ってきました!

Setuは前々作のEZONE DR100は未だにサブラケとして使ってるよ!

インプレ(スイング感):よくある黄金スペックと同様にスイングしやすさと打ち負けなさの両立

私Setuは今回のEZONEというモデルの中では最も使用しやすいモデルだと感じました。300gという適度な重さなためスイングしやすさと打ち負けなさが両立されていて、EZONE特有の反発性を活かして強力なボールを楽に打ち出せる印象です。

特に他の300g付近のスペックのラケットと比較してみても、特筆して振り抜きが良いわけでも、悪いわけでもありませんでした。

振り抜きの良さを最重要項目にされる方にはお勧めしないかな

インプレ(反発性):適度なパワーアシスト、苦しいときに助けてくれる

EZONEというシリーズは昔から反発性が高く、ボールを弾いて飛ばす感覚を持っている方には最高のラケットです。

今作ではオフセンターでボールをヒットしてしまった場合においても、前作以上に格段に反発性が高くなっているように感じました。

勿論デカラケのように当てるだけでぶっ飛んで行ってしまうわけではなく、適度なパワーアシストで丁度良い力で打つことが可能になります。

なので自分が苦しい状況で、走って行って何とか当てるだけで返す局面などでこのラケットの真価を発揮することでしょう。

インプレ(回転性能):弾いて回転をかける方には◎

これはEZONEシリーズ全体に言えることですが、球を掴んで持ち上げて飛ばすという感覚よりも、ボールを面で弾いてこすって飛ばすイメージをお持ちの方にお勧めしたいです。このラケットに関しても、薄い当たりでカシュカシュやってしまうと中々良いボールはいきませんので、キリオス選手のような厚い当たりで回転をかけたい方、またかけれる方は、是非一度使用してみてください。

キリオス選手のフォアって憧れるよね、、

似ている機種

  • BABOLAT PURE DRIVE
  • BRIDGESTONE Tflash300

おススメする方

  • 初中級者から試合多数出場者まで
  • 肩や肘をけがした経験のある方
  • もう少しラケットの性能を借りたいベテランの方
  • 軽いライトモデルからのステップアップラケット

価格

  • メーカー希望小売価格 ¥33000(税別)
  • 現在ネット最安値 ¥21700(2020/02/29現在)

最安値のネット販売店舗さんへはこちらからどうぞ↓

おわりに

いかがだったでしょうか。前作よりも打球感が柔らかく、反発性が更に向上した新作EZONE、みなさま是非試打されてみてはいかがでしょうか。私が所属しているテニススクールでは今作EZONEの売れ行きはとっっても好調です。
EZONEシリーズ各種のインプレッションに関しましても行っておりますので、良ければこちらもご覧ください。

EZONE98Lはこちらから↓

[インプレ]ライトモデルでも打ち負けない!新作EZONE98L
EZONEの新作モデルの中でも、よりシャープな打球感を残した形で前作を継承している箇所が多い98シリーズ。その中のライトモデルということで、操作性の良さと重量感の両立を実現しているラケットとなります。

EZONE100LSはこちらから↓

[インプレ]初めての一本に最適! YONEX EZONE2020 100 SL
皆様こんにちは。Setuです。 今回は初めてラケットを購入する!という方向けに「YONEX EZONE2020 100SL」に関するインプレ記事です。 初めてラケットを買うんだけど、どれを購入すればいいかわからないよ、、...

今後もヨネックス、ヘッド、ウィルソン、トアルソン、プリンスのラケットに関するインプレッション記事も出していくつもりです。そちらも是非ご覧ください。

では、setu。

スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました