ダブルスはポジショニングを意識するだけでうまくなる!雁行陣編

テニス

皆様こんばんは。Setuです。
大人になってテニスをしている方や、テニススクールの一般クラスに通われている方は、ダブルスをする機会が多いと思います。勿論ストロークやボレーのショット技術も大切ですが、意外とポジショニングが理解できていない方が多いと感じております。

ダブルスは二人で一面を守るスポーツですので、お互いの守備範囲が重複していたりするともったいないですよね。
そこで今回はダブルスの基本形でもある雁行陣におけるポジショニングについて紹介していきます。

初めは意識して動くのですが、気が付いたら無意識に良いポジションに入れるようになりますので、最初は頑張りましょうね!

雁行陣とは

はじめに雁行陣って何?という方もいると思いますので、雁行陣の基本形について紹介します。

この図のように、一人が前、一人が後ろにいる陣形のことを「雁行陣」といいます。
二人とも前の場合は「並行陣」、二人とも後ろの場合は「ツーバック」なんて言ったりします。

この陣形の特徴は防御力が高く、初級者の皆様が一番得意であるストロークが主軸でポイント展開されていくので、はじめてダブルスをやる方は99%この陣形を使用すると思います。

次にこの陣形においてポジショニングで意識することを一つずつ紹介します。

場面別 前衛のポジショニング

相手がボールを打つとき

あなたがピンクさんで、あなたのペアが青さんとしましょう。相手の後衛(黄色)がボールを打つ際、そのボールを相手の前衛(緑)の方が触ることは絶対にありませんよね。すなわち、あなた(ピンク)は「攻める番」です。

なので、なるべく前に動いてポーチやボレーをしたい場面ですので、上図のように前に詰めます。この場合に意識すべきことは、

「相手の後衛(黄色)の正面に構える」

です。
ボールの位置が異なる場合を次の図に出します。

これは一例として相手がアレー付近まで追い出されている場合の図です。この時、いつも通りの位置にいてしまうと、ストレートががら空きになってしまい失点のリスクが高まります。なので、青線が相手が打ってくる範囲だとすると、その範囲を二人で守るためには、あなた(ピンク)は相手の正面にいるべきです。

逆の場合の図はこちらです。

相手がセンターに寄った状態でボールを打つ際は、あまりストレートを抜かれる心配がありません(抜かれたら相手をほめてあげましょうw)。なぜならアングルのように打たないと抜けないし、距離を短いので相手からするとハイリスクなショットになるためです。

そこであなた(ピンク)は相手の正面に立つことで、ポーチにも出やすいし、しっかりと守れるという役割になれますね。

この二つの図からわかると思いますが、「ダブルスはセンターセオリー」といわれるゆえんはこれです。自分から角度をつけてしまうと前衛の守備範囲がストレートケアに寄ってしまう分、ポーチに出にくい状況になってしまします。なので後衛さんは「相手の前衛に触られないように相手のセンターにボールを打ちこむ」ことが必要になります。

この場合はどうでしょう。あなたのペア(青)のボールが浅い場合、相手の方からくるショットの角度が広がっていることがわかると思います。これは二人ともより広い範囲を守らなければならなくなり、不利な状況になりやすいです。なので後衛さんは深くボールを打つことを重要性を再確認しておきましょう。

自分のペアがボールを打つとき

今度は自分のペア(青)がボールを打つ場合です。自分のペアの打ったボールをあなた(ピンク)が打つことは絶対になく、逆に相手の前衛(緑)の方が触ることは十分にあり得ます。すなわち、あなた(ピンク)は「守る番」です。

守る場合の守備位置は常に一定です。ここで意識することは、「センターは絶対に抜かれるな」です。この位置で守る理由は、次の図に示します。

相手の後衛方向にボールが行った場合、もし相手の後衛(黄色)が打つ際は「攻める番」になりますので、素直に前に詰めていってオッケーです。問題は相手の前衛(緑)がポーチに出てきた場合です。この場合真ん中の後ろの方に立っていると、センターががら空きになってしまいます。ポーチする側にとって、センターが開いているとほぼノーリスクで打てます(多少ずれてもコートには収まるため)。なのでセンターを絶対に開けない姿勢が重要です。

このように内側で守ることで相手がセンターに打ってきたポーチを返しやすくなりますよね。
勿論アングルに打たれることもあるかと思いますが、相手からのミスも誘いやすいです。難しいことをされたら、「今回はうまくいったけど次はきまるかわかんないよ」くらいの気楽さでいるといいと思います。

おわりに

いかがだったでしょうか。今回はダブルスの雁行陣におけるポジショニングについて紹介いたしました。是非意識してダブルスを行っていただけると、気づいたら返せるボール、決めれるボールが増えていると思います。
今後もポジションに関する記事を書いていくので、お楽しみに。では。Setu。

スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました