なぜシングル巧者は、クロスラリーが多いのか

テニス

皆様こんばんは。Setuです。
今回はシングルスに関する記事です!

テニスを始めたころ、コーチに「打ったら真ん中に戻ってね~」って言われたことは誰でも一度はあると思います。

しかし、実際のトッププロなどの動きをみると、必ずしも真ん中に戻っていない場合も多いです。
これは読みがうまいわけでも怠惰でもなく、最も広い範囲を守るのに適したポジショニングを取っているだけです。
今回はポジショニングの話と、クロスラリーの優位性についてお話していきます。

シングルスにおけるポジショニング

相手が真ん中にいる場合

相手が真ん中からボールを打ってくる場合、相手の打ってくる範囲は大体緑の線内になります。

出来る限り相手のボールを多く返すためには、この打ってくる範囲の真ん中で構えておくことが必要ですよね。
なのでこの場合はしっかりと真ん中に構えることが必要ということがわかります。

では、この場合はどうでしょうか。

相手がコート端にいる場合

自分が相手をコートの端に追い出した場合を想定します。この場合、真ん中に立っていると相手の打ってくるクロス方向のボールに追いつけなさそうですよね。

逆に相手のストレートのボールは少し内側に入ってくる形になるため、余裕をもって追いつくことが出来ます。
なので、相手がフォアサイド側に寄っている場合の「最適な守備位置」は、真ん中よりもフォアサイド側になります。

これは逆サイドにおいても同様です。

同様に、相手がバックサイドに寄っている場合の「最適な守備位置」は、真ん中よりもバックサイド側になります。

相手が外にいるほど自分の位置も端に寄っていきますが、相手がベースラインとシングルサイドラインの交点あたりにいる場合、大体真ん中から二歩程度寄っておくといいとSetuは考えています。

なぜクロスラリーが多用されるのか

理由その1・コートの距離が長い

これは算数を知っている方なら、大多数の方が理解できると思いますが、ストレートよりもクロスの方がボールを飛ばしていい距離が長いです。更にセンターベルトがあるためネットも低くなります。これはすなわちリスク低減につながりますので「自分のミスを減らす」ためにもクロスに打つことが有効であることがわかります。

理由その2・ポジショニングがとりやすい

先述したように、相手が端に寄っている場合自分の守備位置も端に寄ります。

なので、自分がクロスに打った場合、「最適な守備位置」につくまでの移動距離が短く済みます。これは体力消費が少なくて済みます。長い試合や炎天下の中の試合ですと体力の消耗は負けに直結しますので、クロスラリーで展開していく方がより優位に試合を進めやすいです。

逆に自分がストレートの打った場合は、戻るべき位置までの距離がかなり長くなります。体感は2倍くらい違うと思います。なので自分が特に攻める要素もないときにストレートを多用するのはリスクが高いといえるでしょう。

ストレートに打つべき時は?

今までクロスラリーの重要性をお話してきましたが、勿論ストレートに打ってはいけないわけではありませんので、ストレートを打つべき展開についてもお話しします。

「守備のクロス、攻撃のストレート」

クロスラリーはミスしづらいことや、ポジショニングを取りやすいという「守備的なメリット」が多いです。逆に、ストレートはかなり攻撃的なショットになります。自分が攻めたい、エースを取りたい、相手の体制を崩したい、、なんて時はストレートがかなり有効ななります。

先ほどもありましたこの図をもう一度使って説明しますと、ストレートの方が相手のベースラインまでの距離が短いことがわかります。すなわち「相手が追いつくまでの時間」が短くなるため、エースを取ることや相手の体制を崩せる可能性が高まります。

これより、自分が攻めに行く場合のストレートは有効であるといえるでしょう。
逆に自分が追い詰められているときのストレートは自分の首を絞めていることも納得していただけたら嬉しいです。

おわりに

いかがだったでしょうか。今回はシングルスのポジショニングやクロスラリーの有効性についてでした。

ダブルスの雁行陣に関する記事もアップしておりますので是非ご覧ください。

ではまた次の記事で。Setu。

スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました