[インプレ]ストリングだけじゃない!?TOALSON S-MACH TOUR XF 300

インプレッション

皆様こんにちは。Setuです。

今回は私setuが現在使用しているラケット、『TOALSON S-MACH TOUR100 XF』のインプレッション記事です!

 

トアルソンのラケットって…

トアルソンのラケットなんて初めて見たよ、、どんなラケットなの?

 

元々はストリングのメーカーとしてテニス界では有名ですね、今作のラケットもクオリティが高く、驚きますよ!?

 

トアルソンというと、ガットが有名でラケットはあまり聞かない…というイメージを持っている方も多いと思いますが、最近のラケットはとても良いラケットを多く生産しております。

私もはじめはトアルソンのラケットかぁ…という印象を持っていましたが、一度試打したら反発性の良さ、ラケットとしてのスペックの高さにとても驚きました。

まだ打ったことの無い方も是非試打していただきたいと思います!!

TOALSON S-MACH TOUR XF 300 レビュー

スペック

  • ラケットフェイス 100sq.inch
  • 重さ 300g
  • 長さ 27inch
  • バランス 320mm
  • ストリングパターン 16×19
  • カラー ブルー/イエロー

今回は縦YONEXポリツアースピン、横YONEXダイナワイヤーをメイン50/クロス48で張ったものを使用しております。

特徴

グリップ形状:丸い

グリップが国産メーカーで、丸っこいグリップ形状になりますので日本人の手に合いやすいグリップになっております。

なお、BABOLATやHEAD等の外資系メーカーは平たいグリップを多く採用していますが、YONEXやDUNLOP等の日本系メーカーは丸いグリップを採用しておりTOALSONもそれに倣った形であるのかなと思います。

振動吸収力が高すぎるくらい

毎回ボールをラケットの真ん中でヒットできる方は中々存在しないと思います。少し真ん中からずれてしまい、オフセンターでボールをヒットしてしまった際のイヤ~な振動、一度は経験したことありますよね。

TOALSON S-MACH TOUR XF 300を使用すると、オフセンターで打った時の振動が少ないこと少ないこと。これは「スーパーエラスティックラバー」という振動吸収性能の高い技術を搭載していることにより、実現しています。

反発力と回転性能の融合

シナジースピンホールというテクノロジーを搭載し、縦糸が通っているメインホールは回転性能を向上、横糸が通っているクロスホールは反発性を向上させる作りになっており、威力の高いスピン系のボールを打ちやすい作りになっております。

カラーバリエーションがある

今回のS-MACH TOUR XF 300というラケットは、ブルーとイエローの2種類がラインナップされております。

やはりテニスを始めたての方ほど、ラケットのデザインが好みである方がモチベーション向上に繋がりますので、このような細かな配慮は良いですよね。

因みに今回はイエローのモデルを試打してるよ!

 

インプレ(打球感):打感は競合モデルより柔らかめ

『S-MACH TOUR100 XF』は、反発性がかなり高く、バボラのピュアドライブやyonexの新作ezoneに近い反発力を持っています。

先程挙げた2モデルに比べて、打感はかなり柔らかく、ピュアドラやezoneより使用可能レベルが広がっていると感じました。

また、振動吸収性能が高いため、長時間テニスしても腕への負担が少ないと感じました。

振動吸収効果がとっても高いから、手に来る振動もかなり少ないよ!

 

インプレ(スイング感):中厚ラケットにしては振り抜き○

バランスは一般的な320mmとなっており、振り抜きやすくなっております。

また、中厚ラケット特有のスイングスピードが出ない問題も私が振っている限り支障を感じることはありませんでした。

また、タッチ系のショット(ボレー.スライス)と、縦のスイング(サーブ.スマッシュ)においてかなり当たり方とスイング感が良く、ダブルスプレーヤーにはもってこいの一本となっております。

タッチ系のショットは「オトナのショット」だな、、練習しよう・・

 

インプレ(反発性):十分な反発力、ピュアドラよりやや抑え目

先ほどと同様に、EZONE100やピュアドライブなどと比較されることが多いTOALSON S-MACH TOUR XF 300ですが、反発力はピュアドラ程には及びませんが、十分な反発性能を持っていると感じました。むしろ適切な反発力だと思います。

クロスホールの可動域を狭めることで、反発性能を上げているということで、もっと反発力が欲しい方は、横糸に反発性の高いモノ等のストリングを張り上げると良いかもしれません。

各ショットごとの感想としては、特にサーブとボレー、ストロークに関しては申し分ありません。

強いて言うなら相手の早いサーブをブロックリターンしたときに気持ち浅くなりやすい気がしたけど、、たぶん私の実力不足ですm(__)m(笑)

Setuはダブルスプレーヤーなのにリターンが苦手だよm(__)m

インプレ(回転性能):弾いて回転かけるイメージ

あまりラケットに食いついてコントロールするというより、生み出された強力なスピン力と反発力をどう使いこなすか、みたいな印象です。どちらかというと、弾いて回転かけるようなショットを打ちたい方にお勧めしたいと考えております。

ポリ×ポリで張り上げていた時は、あまりにも球離れが早すぎてコントロールできない印象でしたが、ポリ×モノのハイブリッドにしてからは横糸がある程度食いついてくれるのでコントロールしやすくなりました。

勿論回転もしっかりかかるので、自分がしっかり準備出来て打てた時は爆発的なスピン、動かされた時は反発性能を活かしてゆっくり深く返球、なんて使い方が出来たらよさそうだと感じております。

似ている機種

  • バボラ ピュアドライブ
  • ヨネックス ezone100
[インプレ]黄金スペック!新作EZONE100
EZONEの黄金スペック、100が遂に登場。前作の懸念材料であった打球感の固さを払しょくし、柔らかな打感と適度なパワーアシストを駆使してあなたのテニスをきっと大幅に快適にしてくれる一本です。是非一度試打してみてください。

 

オススメする方

  • ダブルスプレーヤー
  • 反発性と打感の柔らかさの両立をしたい方
  • 初中級者から中上級者
  • タッチ系のショットを多用する方

価格

  • メーカー希望小売価格 ¥33000(税別)
  • 現在ネット最安値 ¥24990(2020/02/28現在)

最安値の販売店舗さんへはこちらからどうぞ↓

おわりに

いかがだったでしょうか。私は反発性が高くて柔らかい打感のラケットが好きなのでS-MACH TOUR100 XFは一目惚れしてしまいました。

また、よりツアーモデルである『S-MACH PRO97』シリーズについても後日記事を書きますので、より振り抜きやラケットのしなりを重視する方はそちらも是非ご覧ください。

では、また次の記事で。setu。

スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました