ポリ界で最もソフトな打感!? TOALSON アスタポリ125インプレッション

インプレッション

皆さんこんばんは。Setuです。

ポリエステルの打球感

前回、ストリングの種類についてご紹介いたしました。その記事の中に、

「ポリエステルは打球感が硬い。」と書きました。

間違いなく、ナイロンやナチュラルのストリングよりも打球感が硬く、魅力的なストリングは多いのですが、小学生の子供や女性の方にはお勧めしづらいのが現状です。

ストリングの種類に関する記事はこちら↓

ストリングの種類、たくさんあって分からない、、ストリングの種類と打球感、耐久性について!
皆様こんにちは。Setuです。 以前ラケットの選び方に関する記事を投稿いたしました。今回はもっとわかりづらい、「ストリング」に関する違いを紹介します。なお、今回の投稿は具体的にこのストリングがいい!というよりも、この種類のスト...

 

勿論メーカーの方も「柔らかい打感のポリ」「ポリ入門編のストリング」の制作を行っていると思うので、昔に比べて柔らかいポリエステルは増えました。ではここで各メーカーの柔らかめストリングの代表作を紹介いたします。

各メーカーの柔らかめストリング

  • YONEX ポリツアープロ
  • LUXILON 4G、エレメント
  • ソリンコ ハイパーG


しかしあくまでも「ポリにしては」柔らかいだけですので、もっと柔らかくて腕への負担が来ないストリング無いかなあと探していた所、これに出会いました。

TOALSON アスタポリ

ラインナップ

  • ゲージ(太さ) 125.130
  • カラー ブラック ブルー

インプレッション

普段からレッスンの時は「ポリツアープロ」、試合の時は「ポリツアースピン」を張っております私Setuが、レッスンの際により柔らかいストリングを求めてTOALSON アスタポリを一度試し張りをしてみました。

使用ラケットはTOALSON S-MACH TOUR 100XFを使用し、縦糸はTOALSONアスタポリ125、横糸はYONEXダイナワイヤーかな(正確ではありませんm(__)m)をメイン50/クロス48で張りました。

TOALSON S-MACH TOUR 100XFのインプレ記事はこちら↓

[インプレ]ストリングだけじゃない!?TOALSON S-MACH TOUR XF 300
TOALSON S-MACH TOUR XF 300は、回転量と反発力を両立したうえで、更に振動吸収性能も高いため、腕に優しいラケットとなっております。国産有名ストリングメーカーが、遂にラケットにも本腰を入れてきたようです。

そして使用してみるとびっくり、ポリで回転がかかる系のストリングは大体「引っかかって回転がかかる」感じがするのに、アスタポリは「しっかりとつかんでからボールが離れるのに回転がかかってる」という感覚がしました。

普段私が使用しているポリツアースピンなどはその例にもれず、多角形型のストリングはボールにストリングが引っかかって回転がかかりやすい仕組みなので、「クシャッ」とした打球感になりがちです。

しかしこのアスタポリは、引っかかってボールに回転がかかるわけではなく、自然と適度なスピンがかかってくれる印象でした。尚、横もアスタポリを張った場合も試しましたが、ハイブリッド特有の食いつきの良さを活かした[縦ポリ/横ナイロン]の張り方を行った方が私は打ちやすかったです。

また、普通のポリは2.3回練習すると切れてしまう私ですが、2回の練習ではまだ切れておりません。柔らかいからと言って耐久性に問題があるわけではなさそうです。

このアスタポリの特筆すべき点は、スイングする系のショットでもタッチ系のショットでもどちらも柔らかい感覚の中でボールを「つかんで飛ばす」ということがしやすいストリングかなと感じました。なので、アスタポリを張るとどのショットにおいてもコントロール力が向上した気分になります。(笑)

価格帯

本体価格は楽天市場で1500円程度と、かなりお安く購入することが出来ます。(2020/2/22現在)

お勧めする方

  • ポリエステルストリングを初めて張る方
  • 柔らかい打球感を好む方
  • 食いつくポリエステルを探している方

お勧めしない方

  • ポリ特有の引っかかる打球感を好む方
  • 回転を多量にかけたい方
  • 硬い打球感を好む方

おわりに

いかがだったでしょうか。今回はTOALSONから発売されている「アスタポリ」のインプレ記事でした。
他のメーカーのストリングも今後試していこうと考えておりますので、興味あるメーカーのインプレ記事が出たら是非読んでみてください。

では、Setu。



スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました