[インプレ]圧倒的ホールド感と回転量の両立! YONEX VCORE100

インプレッション

皆様こんばんは。Setuです。 最近西岡良仁選手が、デルレイビーチ国際で活躍しましたね! やはり日本を代表するプレーヤーですから、彼が使用しているラケットには皆様興味がわくと思います。 そこで今回は「YONEX VCORE100」に関するインプレッション記事です。なお、西岡選手は同シリーズのVCORE98を使用しております。

西岡選手、最近大活躍だよねえ

 

トップ50に入るとか入らないとか、、

YONEX VCORE インプレッション

VCOREというモデルの紹介

はじめに、VCOREというモデルに関する記事です。

yonex社では現在、

  • VCORE
  • VCOREpro
  • EZONE

という3モデルをツアーモデルとして販売しております。 VCOREを使用している選手は、主に西岡良仁選手や、シャポバロフ選手などが挙げられます。

VCOREというモデルは他2モデルに比べてしっかりとボールを掴む感覚が強く、ボールをコントロールしやすい商品となっております。弾いてこすって回転をかける方よりも、しっかりと自分でボールを掴んで持ち上げて回転をかける方にお勧めです。

スペック

  • ラケットフェイス 100sq.inch
  • 重さ G→300g/LG→280g
  • 長さ 27インチ
  • バランス G→320mm/LG→330mm
  • ストリングパターン 16×19
  • カラー フレイムレッド・ギャラクシーブラック

使用ストリング:YONEX エアロンスーパー850をメイン46/クロス46で張り上げました。

 

特徴

ISOMETRICによりオフセンターに当たった際でもボールが返りやすい

YONEXのラケットは、とにかく四角いです。(笑) この理由として、ISOMETRICというテクノロジーを搭載しており、四角くした方が円形ラケットに比べて、スウィートスポットが7%広がります。確かにyonexのラケットを使用すると、オフセンターでボールが当たってしまった際も相手コートに入ってくれる気がします。

カラーバリエーションがある

今回のVCORE100というラケットは、レッドとブラックの2種類がラインナップされております。黒いヨネックスのラケットというのはというのはあまり印象になく新鮮ですね。 やはりテニスを始めたての方ほど、ラケットのデザインが好みである方がモチベーション向上に繋がりますので、このような細かな配慮は良いですよね。

因みに今回はGはレッド・LGはブラックのモデルを試打してるよ!

VCORE100 G(300g)インプレッション

インプレ(打球感):VCOREシリーズはよく掴める

「VCORE 100」は、yonex社が出している現行メインモデル「VCOREPRO」「EZONE」と並ぶ3大シリーズの一角となり、その中で100というモデルは最も幅広い方が使用可能なラケットとなっております。 yonex社のモデルの中では断トツに、他のメーカーのラケットに比べてもかなりボールを掴む感覚を得やすいラケットとなっております。 前作のVCORE SVシリーズに比べても、よりボールを掴みやすくなっているので、「弾く人はEZONE、掴む人はVCORE」という住みわけが出来ているのかなと思いました。

しっかり掴みたいSetuには最高のラケットだ!

インプレ(スイング感):黄金スペックの中ではかなり振りぬき◎

100インチの中厚ラケットの中ではかなり振り抜きやすい部類のラケットになると思います。

「NEW AERO TECHNOLOGY」というものが搭載されており、グロメット構造により空気抵抗が低減され、スイング速度向上に繋がっていると考えられます。 しっかりと振りぬいて回転をかけて相手のベースライン付近にボールを集めたいという方に、お勧めです。

しっかり振りぬいた方が結果的に安定性向上に繋がるぞ~

インプレ(反発性):適度な反発力

黄金スペックの中厚ラケットらしく、適度なパワーアシストがあります。95や98のツアーモデルと異なり、オフセンターショットの際もラケットの力でボールが飛んでくれるため、幅広いレベルの方にお勧めできます。

試合の時に厳しい体勢からでもなんとか返ってくれるのはやはりありがたい!

インプレ(回転性能):スピン・スライス共に優秀なスペック

「EZONE」や、「VCOREpro」シリーズと最も異なる点は回転量です。ストリング可動量を大きくする技術「LINER TECH」により、食いつきのスナップバックが大きく発生します。よって、自分から回転をかけに行った時はしっかりとスピンがかかり、フラットにあてに行ったらしっかりと食いつきコントロールできるので、様々なプレースタイルの方にお勧めできます。

掴めて回転がかかるラケットを求める方にはもってこいだね!

 

VCORE100 LG(280g)インプレッション

LGとGの違い

基本的には先述したG(300g)と打球感は変わらないです。こちらもしっかりと柔らかい打感で食いつきが良いものとなっております。 LGとGの違いは、重さとバランスポイントです。Gに比べ20g軽くなることで相手の強力なボールには打ち負けちゃう場面が増えるのかなと思いましたが、全く打ち負けることなく良いボールを返球してくれました。 やはり20g軽くなった分、バランスポイントを10㎜先端方向に移動させることで、軽量モデルでも打ち負けにくいスペックになっているのだと思います。 初めて一般ラケットを使用するようなジュニアの方や、300gは重いな、、と思う女性やシニアの方にはこちらがお勧めです。  

似ている機種

  • BABOLAT PURE DRIVE
  • WILSON ULTRA

お勧めする方

  • しっかりと回転をかけてベースライン付近にスピンボールを打ち込みたい方
  • 様々な球種を使いこなす方
  • 食いつきが良くしっかりとコントロールしたい方
  • ジュニアの初めての一本や、300gは重いと感じる方(LG)

価格

  • メーカー希望小売価格 ¥29000(税別)
  • 現在ネット最安値 ¥18590(2020/02/29現在)

最安値の販売店舗さんへはこちらからどうぞ↓

Gはこちら↓

LGはこちら↓

 

おわりに

いかがだったでしょうか。今回は「VCORE」シリーズの最も使いやすい100モデルのインプレッション記事でした。 西岡選手の活躍に、期待しましょう。 VSナカシマ選手との対戦詳細はこちらからどうぞ。 https://setung0.com/archives/678  

スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました