[インプレ]しっかりとした回転性能と反発性!HEAD グラフィン360エクストリームMP

インプレッション
皆様こんにちは。setuです。 今回はスイング以上に威力の高いボールを打てることより、多くの方に使用していただきやすいモデルである「エクストリーム」シリーズのMPインプレッション記事です。

HEAD グラフィン360エクストリームの特徴

今作のHEADのグラフィン360エクストリームというラケットの特徴は、
  • 回転をかけやすい
  • 面ブレが少ない
  • 重い球を打ちやすい
という特徴となっております。 より重いボールを打ちたいという方におすすめのラケットとなっております。

スペック

  • ラケットフェイス 100
  • 重さ 300g
  • 長さ 27inch
  • バランス 325mm
  • ストリングパターン 16×19

インプレッション感想

今回は、HEADのシンセティックppsというストリングをメイン48/クロス44で張ったものを使用しております。

打感及び反発性

まず特筆すべき点は、「回転がとてもかけやすい」ということです。わざわざ回転をかけに行く打ち方をしなくても勝手に回転がかかるというような感覚でした。 逆にスピン系の軌道を普段から打つ方は、回転過多になり浅いボールが増えてしまう可能性があります。 ラケットの名前にもある通り、「グラフィン360テクノロジー」を搭載しており、面ブレが全くせず、大きなパワーが生まれより良いスピン系のボールを打つことが出来ます。 反発性は黄金スペックといわれる「面100、重さ300」のモデルの中では抑え目で、しっかりとスイングしていける方にお勧めとなっております。 エクストリームをもとより使用されている方向けの独特の打感は残しつつ、より多くの方が使用しやすいモデルチェンジを遂げたという印象です。

スイング感

バランスが325㎜と平均よりトップヘビーに設計されており、ラケットヘッドが出やすいため振り抜きやすく、スイングスピードが向上しやすい印象を受けました。 トップヘビーのラケットですとラケットヘッドが走りすぎてスイングが崩れ、面ブレが大きくなるというイメージをお持ちの方も多いと思いますが、このラケットは先述の通り「グラフェン360」という技術を搭載しているおかげで面ブレが少なく、安定したボールを打つことが出来ます。  

似ている機種

バボラ ピュアアエロ  

おススメしたい方

  • 自分からしっかりとスイングしていける方
  • 厚い当たりの中に回転量による安定性を求める方
  • トップヘビーのラケットを好む方

おススメしない方

  • トップライトのラケットを操作性高く使いたい方
  • 自分から回転をかけに行く方
  • エクストリーム独特の打感を嫌う方

おわりに

いかがだったでしょうか。今回はHEAD グラフェン360エクストリームMPに関するインプレ記事でした。 よりツアーモデルである「スピード」や「プレステージ」は使えないけど、ある程度のラケットアシストを利用しながら高品質なボールを打ちたい方にお勧めです。 では、また次の記事で。setu。  

スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました